人気blogランキングへ
banner.png

2005年11月09日

デイトレード連勝法セミナー



ネット投資3年で成功している デイトレード連勝法セミナー


高田 智也

久々に投資についてです。
最近、NZドルや英ポンドが好調でしたが、スワップ金利があるからと売り時を遅らせたり、勢いに任せて買ったりと負けもいくつか発生しました。
これではまずいと、投資の勉強のネタを探してみました。

ネット投資3年で成功している私の連勝法』の著者によるセミナーDVDです。
やはりセミナーは勉強になります。
本より具体的で、耳と目から体全体に情報が入ってきます。

特に、検証の具体的なやり方と投資に対する心構えが強く印象に残りました。
心構え、心理状態についてはセミナーの中で繰り返し強調していました。
この点については、最近の私の投資スタイルからも反省させられることが大いにあります。
やはり、その場の思いつきで行動してはいけません。

自分で決めた確固とした自信のあるルールに基づいて行動するべきです。

これは投資に限ったことではありません。仕事でも同じです。
言語化されているかどうかは別にして、自分の中でもっているルール・理論に基づいて意思決定を行うのが大切です。
そのときにはじめて、行動に再現性・反省が生まれ、改善が可能となるのです。

一つの分野を極めた人の言葉は、汎用性を持ってすべてのことに通じる気がします。
このDVDから、今後の投資だけでなく、仕事上の意思決定について多くの気付きを得ることができました。
posted by ミズモト at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

外貨で3000万円儲ける法


<ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法

田平 雅哉

外国為替証拠金取引は投資としては可能性が大きいですね。
株と違い外貨取引についての本はなかなか少ないのですが、本書は非常に実践的でお勧めです。

内容とは関係ないですが、著者の経歴が変わっていますね。
経済学部卒 -> アメリカ留学 -> 生保勤務 -> 医学部卒 -> 内科医
その間、FXでも年率100%を続けているというからすごいです。

具体的にレバレッジの利かせる例をあげて、投資パターンを紹介していたのは自分の投資パターンをイメージするのに役に立ちました。
やみくもにやるのではなく、哲学やルールをもってやらないと安定した成績は望めないのは投資でも同じです。
そう意味で、投資でもモデリングは非常に大切だと思います。

もう少し田平氏の投資ノウハウを知りたくてセミナーDVDも見てみました。

21日間で2倍強の利益を出した手法を公開!
外国為替証拠金取引実践セミナー



やはり本よりセミナーの方が断然勉強になります。

MACDというテクニカル指標を推していたのですが、実際に検証を行ってみるとかなりの確率で相場が読めます。

当たり前の話ですが、手数料の安い方がよいと説いていたことも役に立ちました。
大手の業者でも外貨より手数料は安いので満足していましが、探してみると無料やそれに近いところもあります。もちろんスプレッド(買値と売値の差)も考慮に入れてです。
悪徳業者も多いようなので、信頼できる筋から得た情報に基づいて業者も選んで乗り換えました。

FXでは数万円はすぐに動きますから、セミナー代は簡単に元が取れてしまいます。必見ですよ。
本のタイトルに「3000万円」とつけて友人に笑われたという裏話まで公開していました(笑)。
posted by ミズモト at 00:02| Comment(2) | TrackBack(2) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

ネット投資 3年で成功している私の連勝法


ネット投資 3年で成功している私の連勝法

高田 智也

本書は日経255を投資対象にしていますが、個別銘柄に注目しない点や先物であることが外貨証拠金取引にも近いと勝手に解釈しました(笑)

よくよく読んでみると言っていることは結構過激です。
<不必要なもの>
・四季報
・日本経済新聞
・相場の業界紙など
・証券会社の営業マン
・たんぱなどのラジオ
・月足、週足、日足チャート
世間の投資の”常識”と反しているように見えるところもありますが、自分の投資に自信があるのでしょう。
「検証」という手間のかかる作業をしっかりやっているという裏づけがあり、実際に儲けて結果を出していることからくる自信です。

”常識”にとらわれていると大成功はありません。
頭に汗を書いて見つけ出した法則にこそ、成功への道があるのです。

投資のテクニックよりも、投資に対する姿勢を学べました。
投資の中にも、あらゆる分野に通じる真理があると思います。
posted by ミズモト at 01:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法


外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法―FX(外国為替証拠金取引)で儲けよう!

山根 亜希子

以前にも書きましたが、最近外貨証拠金取引について勉強しています。
本書は私と同世代の普通のOLが書いただけあって、読むにつれ非常に外貨に親しみが持てます。個人的には初心者にはお勧めなのですが、amazonのレビューは厳しいようで・・・。

証拠金取引の仕組みやチャートの読み方は他の本にも詳しく書いてありますが、著者の投資の取り組み方は参考になりました。
私はファンダメンタル分析は、「ニュース」と「為替レポート」を見ているだけです。
そして、テクニカル分析は「ろうそく足」でトレンド(現在が円高、円安のどっちの方向に向かっているか)を見て、「RSI」や「ストキャスティクス」などで「買われすぎか売られすぎ」の判断をしています。
これ以上のことはしていません。
成功している人は案外単純の成功方程式を持っているようですね。
自分の方程式を見つけてスタンスを崩さないことが大切なようです。これが案外難しいのですが。

投資に大切なのは勉強だと思っています。今後も勉強を怠ることなく投資を続けていきます。
本書を読んでますますやる気になってきました。
posted by ミズモト at 23:46| Comment(1) | TrackBack(5) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

まったくはじめての外国為替投資入門


まったくはじめての外国為替投資入門―株がダメなら外貨投資だ!

竹内 淳

リスクを抑えてハイリターンも狙える投資としては外国為替は最適です。
日本では相変わらず低金利が続いていますので、ヨーロッパやオーストラリアの金利は魅力的です。リスクといえば為替だけなので、株ほどの乱高下はありません(戦争などの社会情勢によっては大きく動くこともありますが)。

私も地道にドル建てMMFに投資していましたが、やっぱり物足りないので外国為替証拠金取引に手を出してみました。スワップ金利等の仕組みや利点については証券会社の方に聞いて知っていましたた。しかし、オンライン証券を利用していざ利用するとなるとよく分からなくてなかなか踏み出せませんでした。そのときに役に立ったのが本書でした。

証拠金取引というのは、簡単に言えばいくらか証拠金を積んでそれの何倍かの為替を取引することです。正確には決済は行われずポジションを得るのですが、その違いは個人投資家にとってはあまり関係ありません。一般的には10万円で1万ドルか1万ユーロの取引をするのが一般的なようです。1万ドルといえば100万円ちょっとになりますから10倍以上のレバレッジが働いていることになりますね。単純に言ってスワップ金利(国内外の金利差)も10倍。為替リターン(リスク)も10倍。これは期待できます。
(詳しいことは本書を含め他の文献を参照してくださいね)

さまざまな注文方式や、テクニカルチャート、証拠金取引特有の用語をしっかり勉強してとうとう始めました。
ユーロを中心にまずは順調な結果を得ています。今後に期待!
posted by ミズモト at 14:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

200万円からはじめるマンション投資術


200万円からはじめるマンション投資術

藤澤 雅義

不動産投資は最近ブームのようですね。私も俄かに興味を持ち始めています。収入源が複数あるとやっぱり安心しますからね。

不動産投資のメリットは利回りの良さです。銀行預金に比べると圧倒的に利回りは良いです。株式投資は銘柄によってははねるものがありますが、そのようなものはハイリスクです。
逆にデメリットは初期投資額が大きくなると、流動性の悪いことです。200万円からできるととなる前者のデメリットを乗り越えることができるなと単純に考えてしまいました。

東京23区でも300〜400万円でワンルームが買えるとありましたが、探してみるとなかなか見つかりません(泣)。結局はおいしい話は情報力がないと捕まえられないということです。不動産業界や銀行員と地道に人脈を築くのが早道でしょうか。

本書はタイトルはともかく、マンション投資をするにあたっては大変実用的です。利回りから管理、保険の面まで細かく解説されています。本書の内容を把握できればすぐにでも大家さんになれます。と言ってもどの分野でも一冊で内容を完全に把握するのは難しく、結局関連書での多様な視点からの勉強は欠かせませんが。

投資するにあたって重要なのは何といっても利回り。管理等ももちろん重要ですが、利回りが悪くて赤字になってしまうようなものにはそもそも投資しても仕方ありません。表面利回りではなく手取りで考え、投資判断基準としては利回りでなくDCR(債務回収比率)を重視する点は新鮮な考え方でした。投資に当たって正解はないので複数の手法から自分に合ったものを見つけないといけません。そう意味で本書でのDCRというのは今後意識していきたい指標でした。

ともかく早く不動産欲しいです。決して焦らないでいこうと自分を戒めています。


posted by ミズモト at 00:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

「お宝不動産」で金持ちになる!


「お宝不動産」で金持ちになる!-サラリーマンでもできる不動産投資入門

沢 孝史

最近のマイブームは不動産です。モデルルームを見に行ったり、広告を熱心に眺めたりしてます。別に買う予定はないのですが・・・。

本書を読んでいると不動産投資は簡単にできそうな気になってきます。行なっていることは利回りと10年後の市場価値という観点からお宝不動産を定義し、見つかるまでじっくり待つということだけです。見つかったら融資を受けるために銀行との交渉を始めればよく、資金繰りはなくてはならないものですが本質ではありません。

投資だけでなく、経営やスポーツの練習にも言えることですが、自分の信念を持って継続的に行動し、一時的な状況に振り回されないのはとっても重要なことです。しかし、なかなかできることではありません。このあたりに著者の成功の秘訣が感じられます。成功している人は単純なポリシーを明確にしてしっかり守っているものですね。


posted by ミズモト at 01:11| Comment(1) | TrackBack(1) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。