人気blogランキングへ
banner.png

2005年10月30日

イノベーションのジレンマ


イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

クレイトン・クリステンセン

「偉大な企業はすべてを正しく行うが故に失敗する」

真に衝撃的な事実です。
市場のトップ企業が、商品やサービスのイノベーションを継続的に行っているにも関わらず、後続企業にリーダーの座を脅かされ奪われることはよくあります。
ハイテク業界では、IBMのメインフレームからウィンテルのPCに。
流通業界では、百貨店からダイエーやイトーヨーカ堂らスーパーマーケットに、そしてコンビニに。
証券業界では、野村証券や大和證券からE-tradeや松井証券に。
旅行業界では、ツアー旅行に強いJTBから格安航空券での自由旅行を実現したHISに。

これらに共通するのが、破壊的イノベーションになります。

優良企業は、顧客の声に耳を傾け、自社の強みである技術・サービスに持続的イノベーションを起こしています。
しかし、その技術・サービスよりは同じ市場では性能が劣るが、全く新しい市場をつくりだすことを、破壊的イノベーションと呼んでいます。
通常、破壊的イノベーションは技術的には単純で、規制の部品を使い、アーキテクチャーも従来のものより単純な場合がある。確立された市場では、顧客の要望にこたえるものではないため、当初はほとんど採用されない。主流からかけ離れた、とるに足らない新しい市場でしか評価されない特徴を備えた別のパッケージなのである。

「顧客の意見に耳を傾けよ」というスローガンがよく使われるが、このアドバイスはいつも正しいとはかぎらないようだ。むしろ顧客は、メーカーを持続的イノベーションに向かわせ、破壊的イノベーションのリーダーシップを失わせ、率直に言えば誤った方向に導くことがある。
PCの出てきた当初のスペックはメインフレームに劣りました。
品揃えはスーパーマーケットより百貨ってんに優位性がありました。
営業員による手厚いサポート体制は、オンライン証券にはあまり期待できません。
自由旅行では、添乗員がいる提案型のパックはありえません。
しかし、全く別の市場・顧客層をターゲットにすることで、大きな成長を実現しています。

このことは、インテルのアンドリュー・グローブ会長がコメントしている通り、「明晰で、示唆に富み、それでいて恐ろしい」事実です。

集められたデータ、分析力、そこから得られる結論は超一流の研究であることを示しています。

まさに、目から鱗の内容です。
鳥肌の立つ事実でした。

すばらしい。
posted by ミズモト at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。