人気blogランキングへ
banner.png

2005年09月13日

経営の行動指針


経営の行動指針―土光語録

土光 敏夫

著者の土光氏については不勉強のためよく存じていなかったのですが、経歴がすごいです。
日本が誇る名経営者の一人に間違いありません。

本書も簡潔な言葉で、現代にも通じる真理をついています。
ビジネスや人間の本質はいつの時代も変わらないもので、極めた人のみがそれを知ることができるのだということが改めてよく分かりました。

タイトルには「経営」とついていますが、経営に関わらず、すべての人に役に立ちます。
100個の項目に整理されていますので、いつでもどこからでも読み返せて一生に手元に置いておきたくなる一冊でした。

64.穴を深く掘るには幅がいる
専門家が深く進むのは当然だが、狭くなるとは不可解だ。本当に深まるためには、隣接の領域に立ち入りながら、だんだん幅を広げてゆかねばならない。深さに比例して幅が必要になる。つまり真の専門化とは深く広くすることだ。そうして、この深く広くの極限が総合化になるのだ
いわゆるT字型人間のことですね。
大前研一氏はπ字型人間を勧め、堀紘一氏はT字の四角の面積を大きくすることを勧めています。
言い方は時代によって変わっても、やはり基本はT字ですね。
土光氏の例は非常に分かりやすいです。
自分に言い聞かせるのはもちろん、ほかの人に自己啓発を促すのにも使えそうです(笑)

47.有能な部下をかかえて放せぬ者は、無能といわれてもしかたがない
ところが、その返しっぷりがよくない。有能ならざるものから返してゆく。有能なものはあくまでも手許に温存したがる。
本来ならば、有能な部下から順に返しながら、後に続く人を育てるのが筋だろう。それがローテーションの原則である。
この言葉は目から鱗でした。
有能な部下が集まらずに嘆くことはよくあることですが、部下を育てる能力のなさを嘆いているようなものです。
如何に人を育てるかは常々考えていかないといけませんね。

92.さびつくより、すりきれるほうがまし
それでは、枯木に花を咲かせ続けるにはどうしたらよいか。それには、できるだけ多くの刺激を脳に与え続けることだ。頭を使う仕事なり趣味なりに打ち込むことだ。そういう良性のストレスを積極的につくりだすのである。
脳の使用していないところを刺激する、遊ぶ人ほど成功するのは今では常識です。
35年も前に今も通じる真理を独自の言葉で語れるのは、本質をつかんでいるからです。
だからこそ、本書にある100の言葉すべてに重みを感じます。
次に読むときには、別の言葉をじっくり噛み締めたいと思います。
posted by ミズモト at 23:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。
過去のページも拝見させていただきました。
(本業のほうで)とても参考になります。これからもときどきチェックさせていただきます。
Posted by そらまめ at 2005年09月14日 10:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。