人気blogランキングへ
banner.png

2005年09月05日

夢を力に


本田宗一郎夢を力に―私の履歴書

本田宗一郎

二輪車、自動車で世界的なブランドを構築し、ロボットや飛行機でさらに夢を追いつづけるホンダ(本田技研工業)のあり方はロマンを感じます。
創業者である本田宗一郎の死後も夢を追うのは、本田宗一郎のDNAが刻み込まれているからでしょう。
ホンダを見ていると、会社は創業者の分身であり、経営はロマンだとつくづく思います。

数年前に、東京ビックサイトでアシモを見たときは感動しました。
自動車の会社がロボットを開発していたという驚きと、スターウォーズのC-3POでインスパイアされた2足歩行ロボットが現実のものとなった感動で胸が一杯になりました。
ホンダの夢と人類の夢が一体になって実現した瞬間でした。

その後はソニーが2足歩行ロボットを発表したり、愛地球博ではトヨタが演奏するロボットを披露したりしていますが、原点はやはりホンダです。
本田宗一郎のDNAが夢の実現を切り開いているのです。
もう一つ、私はずいぶん無鉄砲な生き方をしてきたが、私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎないということも言っておきたい。99%は失敗の連続であった。そしてその実を結んだ1%の成功が現在の私である。その失敗の陰に、迷惑をかけた人たちのことを、私は決して忘却しないだろう。
謙遜もあるのかもしれませんが、本田宗一郎でさえも99%は失敗していると言っています。
私も含めて凡人はその失敗に耐え切れずに途中で挑戦を止めてしまうことがあります。
本田宗一郎は壮大な夢があったからこそ、99%もの失敗に耐え、ホンダという輝かしい結晶を作り上げたということを伝えたいのだと思いました。
“惚れて通えば千里も一里”という諺がある。
それくらい時間を超越し、自分の好きなものに打ち込めるようになったら、こんな楽しい人生はないんじゃないかな。
そうなるには、一人ひとりが、自分の得手不得手を包み隠さず、ハッキリ表明する。石は石でいいんですよ。ダイヤはダイヤでいいんです。
そして、監督者は部下の得意なものを早くつかんで、伸ばしてやる、適材適所へ配置してやる。
そうなりゃ、石もダイヤもみんなほんとうの宝になるよ。
 企業という船にさ
 宝である人間を乗せてさ
 舵を取るもの
 魯を漕ぐもの
 順風満帆
 大海原を
 和気あいあいと
 一つ目的に向かう
 こんな愉快な航海はないと思うよ。

posted by ミズモト at 08:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 自伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミズモト様

今、有名ブログランキングに登録すると、『ランキング上位に行く秘訣』『ブログで稼ぐ方法』が書かれたe-bookを差し上げています。また、ランキング上位の方は、賞金最高10万円も当たります!登録者急増中で、アクセスアップも充分望めます。

ぜひ、ご検討ください。ご不要でしたら、削除下さいませ。失礼致しました。

※ホンダは、車を見ても、他社にはない機能だったり装備をいち早くつけているイメージがありますね。私も本田さんを尊敬しているので、車はホンダです(^^)

有名ブログ☆ランキング 代表小泉
Posted by 有名ブログランキング at 2005年09月11日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6577029

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。