人気blogランキングへ
banner.png

2005年08月21日

40歳からの仕事術


40歳からの仕事術

山本 真司

40歳は10年先ですが、10年先を見据えるのとベテランの方たちと伍してやっていくことを目的に読んでみました。
40代からは、「自分で考える」ことを得意技にすべきだ。いま20〜30代の若手は、一生懸命に経営理論の言語や論理を勉強している。それはそれで悪いとは思わないが、彼らは手段の目的化というリスクを常に抱えている。それをチェックするのが我々の役割だ。借り物に過ぎない経営コンセプトは最低限知っておくべきだが、そこから先は自分で考える。そのためには経験量が勝負だ。重要なのは現場をイメージし、そのイメージを自在に操ること。40代ならイメージ生成のための材料が豊富で、イメージ操作のための新鮮な刺激となる深い教養もある。このミックスが一番理想的な年代なんだ。
40歳を過ぎたベテランは経験を元に「自分で考える」ことに強みを発揮できます。
ここで、この発想を若いうちに意識していて勉強を続けたらスーパー40代になるのではないかとふと思いました。
つまり、今経験していることをすべて「考える」(=イメージ生成)材料にすることを意識しておけば、早いうちに40代の強みを凌駕できる気がします。

勉強法も同じでことです。
40代は時間がないので”捨てる”戦略をとることで強みを集中的に伸ばすことが必要になってきます。
MBA留学をせずに、英語やMBAで学ぶその他のビジネススキルも超効率的に身につけることが、”捨てる”戦略で可能となります。
この発想は時間に余裕がある(と思っている)若手にはなかなかできません。
なかなかできないからこそ、それをやった人には大きな先行者利益を得られるのです。
イチローの偉大な記録の数々は、10代からホームランを捨てて単打にこだわった、まさに”捨てる”戦略の結晶です。

もちろん若いうちは多くの経験をがむしゃらに積むのは必要なことに思えます。
しかし、40代の勉強法を知り、そこから逆算して現在の勉強法を考えるのは有効なことに思えます。
常に10年先を見据えながら行動していきたいです。
posted by ミズモト at 23:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBをたどってきましたら面白そうな本がたくさん紹介してあり、しばらく読ませてもらいました。
企業とは立場の異なる公務員をやっていますが、企業人から学ぶことはたくさんあります。ありがとうございました。
Posted by hiron at 2005年08月22日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。