人気blogランキングへ
banner.png

2005年07月31日

形而上学


形而上学

アリストテレス

まさに哲学の原点とも言えるのがアリストテレスの「形而上学」でしょう。

「形而上学」という日本語は分かりにくいですが、「形ある自然を超えたものについての学問」という意味です。
原題は"metaphysika"、すなわち「自然学の後(超自然学)」ということらしいです。
要するに、自然学を越えたところにある真理について探ろうという学問で、後の哲学の源流と言えます。

特に「自然科学」が前提としている「物事の存在」に大きく焦点を当てています。

前提や自明のことを考えるのは非常に難しいです。
自明なのだから考える必要がないと言ってしまえばそれまでです。

しかし、人類の飛躍的進歩は前提を考え疑ったことから始まっています。
コペルニクスの地動説(天動説が前提)やアインシュタインの相対性理論(ニュートン力学が前提)、明治維新(幕府が前提)等、多くの事例が存在します。

アリストテレスのもっとも尊敬すべき点は、これらの事例や先人がいない状況で、自分の頭で考えたということです。
「考える」能力が圧倒的だからこそ、自然学にとどまらず、論理学、倫理学、哲学の基礎を確立し「万学の祖」となったのでしょう。

全ての学問、職業において、それぞれの専門知識はもちろん必要ですが、この「考える力」は欠かせません。
「考える力」はあらゆる分野で有効であるということをアリストテレスの実績が示しています。
すべての人間は、生まれつき、知ることを欲する
posted by ミズモト at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。