人気blogランキングへ
banner.png

2005年07月08日

オンナを味方にして仕事をする本


オンナを味方にして仕事をする本―なぜあなたは女性とうまくいかないのか?奇跡の12週解決トレーニング

後藤 芳徳

仕事で欠かせないのはコミュニケーションです。
しかし、男性にとって女性とのコミュニケーションは時には悩みむことがあります。

それでも仕事に女性は必要です。
一緒に仕事をしていて気づくのは、女性は能力が高い人が多いです。だめ社員はあまりいません。
また、男性の気づかないところを気づいてくれたり、途中で投げ出したりしません。
男性と女性がお互いに補完しあえるような状況になれば、ビジネスはうまくまわるのではないかと常々思っています。

このような理想の職場作りにお勧めなのが本書です。
後藤氏は女性とのコミュニケーションの天才ですね。
女性に対する観察力と洞察力が群を抜いています。
男女の特性の違いを理解すればいい。これだけで、異性に対する疑問もかなり解けます。「まったく違う生き物なんだ」と納得すれば、気持ちもずいぶんとラクになるし、相手に合わせる心の準備も整います。

特に女性社員の仕事の質は、言い方ひとつで大きく変わりますから、利益が前月比で倍になることも珍しくありません。また逆に、たった一度の心ない言葉で潰してしまうこともあります。日常のささいな気配りに欠けて、女性社員のやる気を削いでいるのもよくあるケースです。

ウチの会社や僕がお手伝いさせていただく会社では、必ず親孝行はノルマ化してもらいます。親孝行ほど割りに合う投資は他にないからです。

まずは「今まで話さなかった女性社員にも、自分から声をかける」というハードルを越えてみましょう。

コミュニケーションというのは、生理的に嫌われていなければ、質を量で補うことができます。

自分さえ変われば、ハンディと感じていたことも愛される要素に変わります。だから、まずはこだわりを捨てること。
意識しておくだけで、変われそうなことばかりです。
焦点は女性とのコミュニケーションについてですが、これらのトレーニングは人間性を高めることは間違いありません。
さて、何から変えましょうか。私の場合は、・・・早起きです・・・(´〜`ヾ)
posted by ミズモト at 00:32| Comment(2) | TrackBack(1) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
女性を見方にする、私もその考えには大賛成です。価値観を根本的に覆してくれる、その大一歩は女性にあるといっても過言ではないと思います。
変化の激しい時代だからこそ、女性なりの
男性なりの感性をすり合わせて、新しい仕事を
切り開いていくことが求められている時代像
なのかもしれませんね。
Posted by hit at 2005年07月10日 10:01
はじめまして。

この本面白そうですね。

女性の立場から
みると逆に今の社会の仕組みや流れについて
気付くことがたくさんあるかもしれません。

また、読んだら感想コメントします!!

では。
Posted by nitu at 2005年07月18日 17:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4914766

この記事へのトラックバック

レビュー:オンナを味方にして仕事をする本―なぜあなたは女性とうまくいかないのか?奇跡の12週解決トレーニング
Excerpt: オンナを味方にして仕事をする本―なぜあなたは女性とうまくいかないのか?奇跡の12週解決トレーニング 後藤 芳徳 単行本: 218ページ 出版社: 成甲書房 (2004/11) IS..
Weblog: 私紙
Tracked: 2009-01-12 23:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。