人気blogランキングへ
banner.png

2005年06月01日

39歳までに組織のリーダーになる


39歳までに組織のリーダーになる―活躍スピードを加速する

柴田 励司

私にとって39歳は10年後ですが、これから10年間はこれまで以上に大切に生きていきたいと常々考えています。

「若さ」というのは武器の一つだと言えます。トップになるのに50代になってからというのは多くの企業で当然の文化となっていますが、チャレンジ精神やスピードは「若さ」には負けます。「若さ」よりも「経験」の必要がある場合も多いのは事実ですが、リーダーとしての心構えを早くから身につけておくことはますます重要となっています。

本書は年齢に関係なく、「デキるリーダー」の特性を解説しています。実際に若くしてトップに上り詰めた著者だけに、「デキるリーダー」をよく分かっています。自分の経験に照らし合わせながら読め、非常に勉強になりました。

デキるリーダーに共通する10の「強み」
 1.鳥瞰力
 2.未来志向性
 3.抽象力
 4.論理的思考
 5.強力な志向性
 6.誠実さ
 7.演繹的思考と帰納的思考
 8.すばやい回復力
 9.感受性を伴ったイマジネーション力
10.組織稼動力

第1章の目次そのままです(笑)が、うなずけることばかりです。これら全てを今より高めるよう意識して今後の経験を積んで行くことにしました。リーダーのあり方について誰もが何となくは感じているのでしょうが、言語化すると自分の足りない点・やるべきことがはっきりしてきますね。私の場合、すばやい回復力(メゲない)はある程度できていると思いますが、鳥瞰力はもう少し頑張りましょうというところです。

ヒューマンスキルというのは曖昧になりがちですが、言語化して手帳に書きとめ、意識に刻むことで同じ経験でも得られるものは違ってくると確信しています。

リーダー、リーダー候補、リーダーを目指す人は読んでおきたい一冊です。

posted by ミズモト at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。