人気blogランキングへ
banner.png

2004年12月31日

「売れるブランド」のつくり方

本日は『「売れるブランド」のつくり方』です。
「売れるブランド」のつくり方

ブランディングの仕事の現場からブランドについて書かれています。

本書ではブランドについて以下の定義がされています。


ブランド = より多くの人に知られ、好まれる固有の商品/企業
ブランド力 = より多くの人に購入してもらい、マーケティング的にも成功したブランドである状態にするためのエンジン
ブランディング = そのエンジンを創り、パワーを最大限に発揮できるようにする一連の活動


また、ブランド誕生の助けになるものとしてBrandScapeなる手法を提唱しています。「ブランド」と「ランドスケープ」を掛け合わせたもので、ブランドの世界観を表すものだそうです。他では「ブランドイメージ」という言葉にあたるのでしょうか。

ブランドについての解説についてはCHAPTER1のみです。短いですが、よくまとまっています。CHAPTER2、3は筆者の属する広告代理店の実際の仕事を追っていくことでブランドのつくり方が具体的に分かります。ちょっと営業が入っているところがありますが(笑)。

ブランドのつくり方は代理店、コンサルタントによって多少の言葉の違いはあるようですが、もっとも大切なことは本書でもあげられています。そのうちの一つは「なんのためにブランディング作業をおこなっているのか」という目的の確認です。非常に根本的な問いですね。ブランディングに限らず今の仕事って何のためにやっているのでしょう。常に仕事の目的を確認しておきたいものです。


【本日の教材】
「売れるブランド」のつくり方

 Amazon.co.jpアソシエイト
posted by ミズモト at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。